トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  すてきな写真の撮り方  >  揺れるコスモスを止めて撮る

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の貨物列車を撮る | トップページへ戻る | 夏に見つけた小さな秋を撮る

このページのトップに戻る

揺れるコスモスを止めて撮る

2013年08月24日

「揺れるコスモスを止めて撮る」


先日、とある公園に行ったとき、すでに、コスモスの花が咲いていました。ところが、その日は強風で、とても、コスモスを撮れるような状況ではありませんでした。今日は、風が吹く中、コスモスを止めて撮る方法を説明しますね。

20130824.jpg


風が吹く中ではありますが、しっかりと撮れたのではないかと思います。この写真の撮り方は、次の通りです。

1. 撮影モードを「シャッタースピード優先」設定にする
2. シャッタースピードを早くする(1/500秒~1/1000秒くらい)
3. ドライブモードを「連写」設定にする
4. コスモスを手で押さえて、片手で撮る (^^;)

なぁーんだと思われる方、申し訳ありません。そうなんです。中央の一本の花を左手で押さえて、片手で撮っています。しかし、ここで、大事なのは、周りの花です。中央一本の花が動いていないように、周囲の花もぶれないようにする必要があります。そのために、シャッタースピードを早く設定することで、周囲の花がぶれないようにしています。

そして、風が弱まった瞬間にピントを合わせて、連写で、バシャバシャっと撮っています。運が良ければ、何枚かはピントが合っていると思います。(ピントが合うまで、何度も、チャレンジです!)

なお、この日は晴天でしたので、それなり被写界深度が保てていますが、曇り空などの場合は、ISO感度を高く設定して、ある程度、被写界深度を深くしたほうが、ピントが合いやすくなります。

秋のコスモスのすてきな写真にチャレンジしてみてくださいね。

撮影モードと被写界深度については、カメラの基本編「撮影モード」「ピントが合う範囲」を参考にして下さいね。




この説明が分かりやすかった方は、「拍手」ボタンか、「ツイート」「いいね!」ボタンで広めてくださいね。

ランキングに参加しています。モチベーション維持のため、こちらもポチッとして頂けるとうれしく思います。

にほんブログ村



スポンサーサイト

思い出の貨物列車を撮る | トップページへ戻る | 夏に見つけた小さな秋を撮る

このページのトップに戻る

コメント

かずさん、こんばんは。

タイトルである程度予想していたのですが、見事に予想を外れました。
確かに4は有りです(笑)

手振れと自身の左手が写らない様に注意ですね。

ちなみに私の予想は、絞り優先&サーボです。

では、また。

ありがとうございます。

tsunomagari さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

「絞り優先&AIサーボ」ですね。この方法もありですね。
今度、挑戦してみますね。

あと、左手の写り込みと、手ぶれ注意は、必須でしたね。
フォローありがとうございます。

これからも、よろしくお願いしますね。

なるほど・・・
言われてみると案外簡単なことなんですよね。

コスモスのようなよく揺れるお花は苦労しますもん。
今度撮ってみますね。
ありがとうございます。

コメントの編集

ありがとうございます。

くぅ さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

そうですね。写真を撮るときの基本は、大事ですが、
基本を意識しながら、基本をはずすと、新しい領域が
広がりますよね。

また、よろしくお願いします。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。